2009年12月15日

あるうつ病患者の愚痴

うつ病になりやすい性格というのがあるそうです。
「仕事熱心、こり性、徹底的、正直、几帳面、
責任感が強く、真面目人間」
私は確かに多くの部分が当てはまっています。

おそらく私がうつになった原因は、
いろんなことを同時に徹底的に取り組んだためだと
思われます。

私自身の限界が来ているのも気づかずに。
そのうち吹き出物や意味不明の頭痛、下痢、発熱、耳が聞こえにくくなる
という症状が現れました。

今思えばそれは、私の体が私に限界がきているよというサインだったのだと思う。

そして、精神的な異常がおこりうつ状態、うつ病となってしまったのです。

今は仕事も集中できずなかなかはかどらずな状態。
まるで私の電池が切れて、エネルギー不足のような状態。
一つのことに取り掛かるのにすごく時間が掛かる。
体がだるい、だるい、だるい。
身体が動かない。
やるべきことにやりたくても取り掛かれない。
→自己嫌悪。
何もせずじーーっとしていたい。

会社の欠勤も多くなり、主治医に休職すべきかどうか相談したところ、
「休職すると離陸が大変だよ。それに、1ヶ月や2ヶ月休んだところで完全には治らない。まず週休3日にしてもらったら?」
と言われ、会社に相談し、週休3日(土日、水休み)にしてもらいました。
5日間会社に出勤しなければならないというプレッシャーがまた
私を追い込んでいたので、
2日出勤休み、というペースは気分的には楽になりました。

でもやっぱり、フルタイムの出勤は辛いです。
イライラや不安は安定剤でなんとかなるが。
どうしようもない、身体のだるさが来る。
こんなに辛いものなのか。
いやになってしまう。なんなのもう。

人間には限界というものがあるのは分かる。
でも、頑張って何が悪いの??
とことん頑張った人間が病になって苦しむなんて、理不尽だ。
なんで、なんで?とぐるぐる頭の中で疑問が渦巻く。
そんな私を納得させるために、
「自分の体と心を優先的に大切にしなかったからだ。」
「サイン(体に現れた意味不明の症状)を無視したからだ。」
と考えたりもする。

ある程度いい加減にしとく方がうつになりにくいという。
完璧にやらないほうがうつになりにくいそうだ。

徹底的に追求し頑張る人があってこそ、
社会の進歩というのがあるのではないのか?
皆が皆責任を背負わずいい加減にやっていていいのか?

不公平だ。

わたしにはやるべきことがある。
どうかエネルギーをください。
人一倍頑張った人間には、より強い身体と精神をごほうびにくれたらいいのに。

すみません。
どこにも訴えることのできない愚痴怒りと
この病気のつらさを吐き出しただけなので・・・
posted by それいゆ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135683184

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。