2009年12月22日

M−1神話!?

yahoo!ニュースに
「出演依頼殺到パンクブーブー トーク下手でブレークするのか」
という記事が出ていた。
その中に
「必ずブレークする「M−1神話」はどうなるのか」という内容が書いてあった。「M−1のレベル低下が指摘され、本人たちも地味な印象やトーク下手が課題とされている。」
とのこと。

M-1は漫才のトップを決める番組だから、トークはダメだけど漫才なら任しとけ!っていう芸人が優勝したって全然いいんじゃないの?
ブラマヨやチュートが漫才もできてトークもできて・・・
っていう芸人だっただけじゃない?
まあ本人達は売れたいに決まってるから、このチャンスをものにしなきゃっていうプレッシャーは当然あると思うけど。

私は今年のM-1を見て、全体的に漫才のレベルがアップしてる!
と感じましたけど。

今まで見てきて、本気で笑ったコンビが1つあるかないかくらいだったけど、今回はナイツ、笑い飯、ハライチ、パンクブーブー、NON STYLEどれもゲラゲラ笑ったけどなあ。

ナイツ
いつものナイツ節なのに、飽きた感がなくて笑ってしまった。

笑い飯
「鳥人」の設定がもう最高です。
西田の「なんとなく雰囲気は分かったから俺もやらせてくれ」
(笑)
2本目があんな感じだって私も絶対思ったけど。
でもそれが笑い飯らしい!!
2本もあんな面白いネタ持ってたら、今までに優勝してるんじゃない?
いつもなんかがっかりさせられるのが笑い飯。
でも9年連続ファイナリストってすごいよね。

ハライチ
ゴットタンで一回だけ見たことあったけど、
出てきて一見地味かと思った。
でも、ついあははと笑ってしまった。
まだ芸歴浅いんでしょ?

パンクブーブー
私はレッドカーペットで結構本気で笑ってた。
1本目は笑いっぱなしでした。
そう、アンタッチャブルの時のよう!!

NON STYLE
まさにトークはダメでも漫才なら任しとけ!ってコンビじゃないのかなぁ。
1本目去年より全然面白かった。

・・・
東京03がコント職人と呼ばれ、キングオブコント優勝後の
テレビ番組でも、いまいちしゃべれないのもそうだけど、
マルチ芸人タイプか職人芸人かってだけで、いろんなタイプの芸人があって当然と思うし、私は職人タイプの芸人は結構好きですけどね。
「これだけは負けへん」っていう芯をもって活動している方が素敵に見えるのは私だけ?
芸人だけでなくても
芯と実力があれば、必ずファンはついてくると思いますねー。
posted by それいゆ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136271567

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。