2008年02月19日

マルコでサラヴィール体験

昨日はMARUKO(マルコ)のアフターに行ってきました。

新作のサラヴィールを試着しました。

ショートブラとロングガードルとコントロールキャミソールを着けました。
現在、ウエストニッパーを着けているのですが、コントロールキャミソールは肩からつながっているので、上下にずれなくて良かったです。
背筋がまっすぐ伸びるって感じでした。
ウエストもすっきりくびれて、胸の辺りもすっきりします。
ピッタリめのニットがキレイに着れました。
他のスタッフさんが「華奢になったね〜!」って言ってました。
上半品がむっちりしている私が華奢ってすごいです。
ロングガードルはおしりがすごくプリッと上がって、太もももすごくすっきりします。
Gパンを履いたら、足が長く見えました☆
とにかく素材が軽くて、着け心地も良かったです。
下着も進化していくんですねー。

私は胴回りが太めで、今75Eのサイズのブラをつけているのですが、 アンダー70を目指して頑張ってます。

今私がつけている下着は、マルコのデビュアランジェっていうやつで、 これは、補正下着の初心者用って感じで、お値段もちょっと安く、デザインもかわいくって、カラーも豊富な商品なのですが、このデビュアランジェが2月いっぱいで販売終了との悲しいお知らせがあり今月中にがんばってサイズダウンしなきゃいけない状態だったのですが、新商品のサラヴィールは本当に機能性がある商品らしく、骨盤矯正の機能が備わっていて、骨のゆがみなどを矯正するのだそうです。
猫背も改善されるそうで、猫背の私にとっては、とっても魅力的です。
どうせなら新しい方がいいけど、ガードルもセットで購入しないといけないので、(上下ちがうシリーズではつけられないんです。)
また金額が高額になってしまいます・・・

でもまあ、私の骨格上アンダー65になることは無いそうで、70で最終サイズなら 揃えてもいいかなーって思ってます。

ロングガードルとショートガードルは余分に買うことになるけど、機能はよくなっているし、ボディースーツやコントロールキャミソールは今まで着けてなかったので、上半身がさらにキレイになりそうですね。

前にも書いたように、体型が崩れる原因は、「重力」「老化」「間違った下着」なのです。
この年になると、老化が気になり始め、重力に耐えることが難しくなってきます・・・(>_<)
おしりや胸が垂れてくる・・・
補正下着の役目はそんな体のお肉を正しい位置で支えるのです。
おしりの重さはなんと5kg〜8kgくらいあるのだそう。
そんな重たいお肉を市販のショーツでは支えきれないので、重力でだんだん垂れてきてしまうのです。
なので、ガードルでおしりを支えるのです。
ブラの役目は、いままで着けていた下着で背中やウエストに逃げてしまっていた 胸の肉をしっかり支えます。
補正下着はしっかり胸の肉を支えるので、形もきれいになります。
スタッフさんが「お肉はプリンで、下着は型だよ。型の形に体がなるんだよ。」と言っていました。
しっかり型にお肉を動かして入れるっていうのがボディメイク。
肉が型の位置に定着すれば、ヌードでもキレイな体型って言うわけです。
補正下着はそんな機能が備わっているから、やっぱり高額なんですね。
しかも、アフター代も込みってことで。

あー、キレイになるにはお金がかかるなー。

3/6追記 マルコについて別のブログを作りました。 マルコ日記などはこちらで書いてます。 マルコ(MARUKO)でキレイになろう

補正下着マイフレンド

posted by それいゆ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。